年の初めは年賀状整理から

オーガナイズ, 情報の整理

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします

 

玄関リースはご指導のもと手作りしたもの。愛用2年目。

 

我が家は、仕事も学業も、本日より始動。

 

本日早速、娘の通う幼稚園の立哨当番。今年は、新年度以降、幼稚園通いが頻繁になる予定。頑張ります。いや、楽しみます。笑

 

新年に届くもの、と言えば、年賀状。

  

みなさん、どのように管理されていますか?

 

我が家は、年末の年賀状作成シーズンに慌てなくていいように、年始に年賀状整理を完結させています。

 

マメそうに思われるのですが、実は、この方がかなりラク。 

 

年末に頑張るマメさがわたしには持ち合わせていないので、ズボラな自己対策です。マジで。 

 

届いた年賀状を楽しんだ後は、仕分けをします。

 

①DM、②夫婦の年賀状(喪中ハガキ含む。主人とわたしのものはミックスした上で、あかさたな別)、③子供の年賀状に分けます。

 

我が家の場合ですが、コツは、あかさたな行を分けるだけで、五十音順までは整列しないことと、先方の連絡先が上を向くように仕分けることくらい。

 

以前、順序立てた方が探すときにラクだろう、と、律儀に五十音順に並べていたのですが、年賀状を探し出す頻度がさほどない上、仕分け作業のハードルが高かったのでやめました。

 

探すときに、連絡先がパッと目に飛び込んで来る方が使いやすかったので、宛名面、裏面などは重要視せず、先方の連絡先を上向けるように仕分けています。

 

で、あとは、揃えて、ガムテープを背表紙になる箇所に貼るだけ。笑

あまりに雑な貼り方をしたので、マスキングテープで目隠ししました。笑

 

数年前、友人がやっていた方法を見て、便利そうだったので取り入れ、実際、かなり便利だったので毎年この方法に落ち着きました。

 

開くと。

背表紙にいい感じでテープが張り付きます

 

本のように、ペラペラめくれる、マイ年賀状ブックの出来上がり。

 

見た目のために養生テープで止めていた時もありましたが、粘着力が弱くてやめました。クラフトテープも粘着力が弱め。布粘着テープが剥がれにくくてオススメです。(ちなみに、全て、当金物屋で売ってます。笑)

 

マイ年賀状ブックになれば、年末に打ち出したリストと年賀状記載の住所を見比べて、おところに変更のある場合は、早速訂正入力。

 

ここまで終われば、年始の年賀状整理は終了。

あとは、今年の年末にサッと年賀状作成に取りかかれます。

 

年賀状に、今年一番の写真を取り入れたい場合は、一年を通じて写真整理ついでに、年賀状候補写真をピックアップしておくだけ(コチラ→)。

 

取っておく年数も、ご家族で話し合っておくと、毎年悩まなくていいですね。

  

 

我が家は2年保管。新年度の年賀状が入ってくれば、手前のものは奥に移動し、奥は処分します。

 

収納場所は、お決まりのココ。

  

このリビングクローゼット無くして、我が家の快適は語れません。笑

 

リビングクローゼットに設置の、無印引き出しの1つを、年賀状用引き出しとして利用しています。

 

保管方法、保管年数、保管ルールを家族で決めておくと、快適に管理できますよ。 

 

おうちの中で、プチストレスがあれば、放置は大きなストレスに変わる可能性が。。。

見直せば、快適な暮らしへの一歩につながります。

 

おうち空間が、ひとつずつ快適に変わっていくと、自分が、そして家族がラクになる。

 

もっとラクに暮らしを整えましょ。

 

今ラクして、ずっと頑張るか。

今頑張って、ずっとラクするか。

 

わたしは後者が好みなので、ずっとラクを選びたいです。

サービスメニュー  

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_1849-e1542578740304-225x300.jpg です

△△△  … Yes   

△△△ … No

はじめの第一歩は、理想の生活を思い描くことから始まる✨

次回をお楽しみにしていただけると嬉しいです♡

毎週月曜日 朝7時 更新予定です✨

お読みいただきありがとうございました😊

お問い合わせはコチラまで📮