時間をオーガナイズ!「約9時間プロジェクト」+αが完結しました

DIY, オーガナイズ, クローゼット, 和室, 時間, 未分類

「約9時間プロジェクト」発足のきっかけ

今年、はじめて、ライフオーガナイザー®︎のチャリティーイベントに一般参加しました(コチラ)。

 

大阪会場のテーマが「毎日バタバタの私にサヨナラ!〜私の時間を手に入れよう〜

 

私自身、やりたいことがたくさんあって、自分を労りたい気持ちもいっぱいあって、だからこそ、日々を気持ちをラクに過ごすには、時間の使い方がカギだと思っています。

 

みんなに平等に与えられている時間を、より有効に、より自分らしく使いたい気持ちを強く持っているので、非常に心惹かれるテーマでした。

 

そして、今となっては、割と整っているかも、、、と自己採点だけは高めな生活空間でしたが、チャリティーイベントのワークタイムを通じて、心がザワザワする場所があることを再認識しました。

それも、数カ所!

 

そんな箇所に向き合って、整えていくことを誓ったのが、「若流!約9時間プロジェクト!」(先述の通り、基本、ひとりプロジェクトですが、時々主人との共同作業が伴います)

 

日々日々、たとえ10分でも隙間時間を使って進めてきたプロジェクト、おかげさまで完結いたしました。

 

成功へのカギ

今まで、見て見ぬ振りをしてきた自分を自己分析

  1. 日常は特に問題なく過ごせているから気にならない(気がする)
  2. たまたま目があった時片付けなきゃなーとは思うが、単箇所ではない(別場所に移動したい収納用品があるが、その先も片付けなければならない)ため、すぐに取りかかれず、取り組みたいことリストの優先順位を下げていた
  3. 2.と思っている箇所が4箇所もあり、まとまった時間を取らないと片付けられない気がしていた

 

ワークを通じて、やっぱり片付けたいという潜在意識が開花し、優先順位をつけながら、自宅にてじっくり思考の整理。4箇所を同時進行するプロジェクトを決行したのでした。

 

私自身、器用そう(自分ではそう思わないが、周りには思われるよう)で、かなり不器用なんですよね。

 

複数箇所の同時進行、それも、収納用品を押し出し式で移動しながら、4箇所を片付ける、、、不器用な私は、何から着手するべきか、頭がこんがらがりそうで、こういうの、苦手です。

いや、苦手と思っていました。

 

とにかく、4箇所それぞれの理想の空間の在り方を想像しながら、思考の整理をしました。

朝活のメインタイムは、別のやりたいことがあるので、その時間はできるだけ使いたくなく、隙間時間の10〜30分以内でできる、プチステップで、とにかく行動を細分化した計画を立てました。

睡眠時間だけは確保することは、絶対的な大前提です。

 

プランニングの際は、時間をかけてじっくり構想を練りますが、あとはスケジュールに落とし込まれた項目だけを、隙間時間が生まれる度に、ただただこなすだけなんですよね。

そうすると、気がつけば、プランが勝手に進行しています。

 

苦手だの、苦手ではないだの、自分で決めつけてしまうことは、無意味でした。

そして、6月末完成予定プロジェクト、いつの間にか、6月半ばに終わっていました。

 

プロジェクト内容

ご興味あるかはわかりませんが、笑、一応のご報告。(一部割愛しながらのご報告です)

 

3箇所のクローゼット(リビング、和室の押し入れ、寝室)を、その場にあるべきものだけを厳選して収めました。(今となっては、その場になくても良くなったものが多数ありました)

 

収納用品(Fits)が押し出し式に余ってきて、最終的には、収納が不足していた寝室クローゼット、収納用品を買い足すことなく、予想以上に理想的に収まりました。

 

また、特に、和室の押し入れは、思いがけない子供の発想から、子供たちのお気に入り空間となりました。

 

いらない収納用品を追い出し、空間が生まれ、、、

お客様用布団を悠々と納める目的が、、、

上段と下段、兄妹で、それぞれのドラえもん部屋化して閉じこもって遊んでいます。

センサーライトもつけたら喜んでました。

(布団収納出来ていて、こちらの要望は満たしているので、お好きにどうぞ、ってな感じです 笑)

 

また、リビングを風通しよく、軽量化したくて、ソファを移動し、お気に入りのキャンプチェアを仮置きしてみたり。

(あり合わせマットを敷いて、様子を見ているところ)

 

軽量化がうまくいけば、マットを購入するつもりをしていましたが、別室にて使っていたお気に入りマットを利用するのもいいかも、と様子を見てみたり。

 

読書の部屋を兼ねた寝室に、ゆったり本を読めるスペースを設けてみたり。(元々のリビングソファを活用)

ベッドの足元に、ソファを置いてみましたが、これがまた、子供たちにも好評で、読書率がアップするという効果も。

(寝かしつけ時以外にも、日中の静かな読書空間として、寝室を利用するようになりました)

 

また、単箇所のため、プロジェクトには入っていませんでしたが、気になっていた納戸も改善。

衣類のクローゼット空間を整えた際、玄関クローゼットに収納していた帽子を、衣類と同じ空間に収納したくて、有り合わせのもので仮収納しながら今に至っていました。

この帽子収納、ドレッサーに被っているし、段ごとの強度がなく、たわむため、帽子の型崩れが気になっていたのですが。

 

帽子掛けをDIYしました。(DIY体験会で、お客様より発想のヒントを得ました)

(一番奥は、オフシーズンものを重ねて、ホコリよけカバーをつけて掛けています)

この空間も、圧迫するものがなくなり、風通しが良くなった気がします。

 

振り返って

我が家を例のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

時間がない、と思っているのは、自分だけかもしれません。

 

理想の空間は、時間を見直すことと、正しい手順で片付けを進めることで、手に入ります。

 

この方法で、私も、現時点での家中のプチ心ザワザワ箇所が、全滅しました。

ライフスタイルの変化や、家族の好みが変わるなど、また違和感を感じた際には、その度に向き合いながら、家を更新していこうと思います。

 

(時間がテーマの読み物は、好物です)

「時間を、整える」はクローゼットオーガナイザー同期の手塚千聡ちゃんが登場していることで読んでみましたが、読み応えがあってオススメです!

 

自分の時間を見直すいい機会になりました。

 

時間を味方につけると、空間が整います。心が整います。

 

時間を味方につけるコツ、セミナーにてお伝えします。

7月は満席です。8月以降は未定ですが、ご希望により調整させていただきます。

ご興味ある方は、お問い合わせくださいませ。

 

□ 快適なおうち時間づくりをサポート

〜 自分を満たす時間整理 〜

と き  : 7月未定(1時間30分予定)

ところ  : 講師自宅(お申し込みの方に詳細をお伝えします)

受講費  : 2500円(税別)

募集人数 : 2名様(満席)

 

はじめの第一歩は、理想の生活を思い描くことから始まる✨

次回をお楽しみにしていただけると嬉しいです♡

毎週月曜日 朝7時 更新予定です✨

お読みいただきありがとうございました😊

お問い合わせはコチラまで📮