キャンプでも快適なクローゼット

オーガナイズ, クローゼット

お盆休み、愛媛のキャンプ場へ出かけました。

3泊4日のキャンプ生活。

自然の中に身を置く、不便なキャンプ。

 

何が楽しいんでしょうね。笑

とにかく、楽しいです。笑

 

キャンパーの友人と、なんでこんなに全部のことを自分たちでせなあかんのに、なんでこんなにも満足指数が高いんだろうねーーー、なんて話をしました。

 

別の友人によると、なんでお金と時間を費やしてまで不便な生活がしたいのか、意味わからん、、、とも言われます。笑

 

我が家の場合は、電波を遮断し(自然をとことん楽しみたくて、AC電源サイトは利用しません。ケータイ充電は車移動時の車内のみのため、必要最小限のケータイチェックしか行いません。)、

とことん自然に身を置くことの心と体の充電と、美味しいお外ゴハンの楽しみと、子供たちの成長やたくましさを実感できる、この上ない貴重な機会として位置付けています。

 

キャンプをしていなかったら、満天の星空も、流れ星も見ることもなかったねー、なんて友人と話したり、ほんと、貴重な経験の宝庫です。

 

まだみんなが寝ている早朝に、鳥の声や波の音を聞きながらコーヒーブレイクするのが楽しみで、少しずつ確実に成長していく子供たちの姿が嬉しくて、自然と涙が出てきたキャンプもありました。

 

五感が研ぎ澄まされる感覚です。

(過去の早朝のコーヒータイムのショット)

 

そんなキャンプですが、快適のコツをレポしてほしい、との嬉しいリクエストをいただきました。ありがとうございます。

 

おしゃれキャンプには程遠い我が家のキャンプですが、快適さだけは胸張れますので、よろしければお付き合いください。

 

キャンプは、毎回、一時的な生活空間を設営するもの。

衣食住空間を、毎回、一から作る楽しさがあります。

 

どこにおうちを構えるか、どんなおうちにするか、どんな生活にするか。

リビングはどうする?キッチンは?寝室は?どんなレイアウト?どんな動線?

家族で相談しながらつくる一時的マイホーム、もうワクワクしません?笑

 

そして、快適さを求めるのは、普段のおうち同様、キャンプも然り。

わたしの場合は、クローゼットの乱れは、不快指数が上がりやすいので、キャンプでも快適なクローゼットづくりに取り組んでいます。

 

今回は、キャンプ場にコインランドリーがなく、3泊4日全日に必要な衣類を持ち込むことにしました。

1人1BOXの衣類。(右2つがニトリ、左2つがDAISO商品です。ほぼ同サイズ。)

 

1人1袋のお着替え袋に収納していた時期もありましたが、衣類の全貌が見えずにイライラすることも。

見えなければなかったことになってしまいがちなので、やっぱり、俯瞰(上から見下ろす)できるって、快適です。

ニトリのオープンBOX2つがジャストサイズに納まるニトリの衣類ケースに、大人用衣類を納めました。

 

持参の洋服は、もちろん、お気に入りの一軍ばかり。

 

子供たちのDAISO収納ケースと、タオル類は、バッグへ。

これが、全衣類です。

 

ちなみに、キャンプではない、ホテル滞在の旅行では、キャリーバッグを活用します。

準備はキャンプ同様。1人1BOXに収納します。ホテルではそれぞれがMy Boxを管理。

1泊だと物量も少ないので、大人BOXの中に、子どもBOXをINしたりして、好きな場所に移動式クローゼットとしてセッティングすればOK。

(今回の物量ではありますが、キャリーバッグver.を再現しました 笑)

 

先日、主人に同行する団体旅行があり、この方法で参加しましたが、なかなか便利でした。

家族分のお着替え段取りの早さや、ストレスのなさ具合が、周りに感心された場面も。

 

また、先月のコテージ利用の1泊2日キャンプでは、衣類が少ないこともあり、トートバッグを利用。

(今回の物量でイメージを再現。実際は、衣類が半数以下のため、物量はさらにタイトです。)

1泊2日なら、家族分、大きめのトートバッグにブッコミですが、小分けできているので、お目当の衣類にたどり着くのも早いです。

今回の3泊分の全物量、トートバッグ利用ver.だと、こんな感じです。

あれこれ収納アレンジを楽しんでるって、、、

我ながら、家でもキャンプでも、快適なクローゼットを手に入れたもんだなぁ、と実感します。笑

 

そして、キャンプ場でのクローゼットは、車内。

キャンプ用品を全て取り出した後、撤収時まで使わないものは車内に納め、その手前の車内空間を、クローゼット化しています。

家族分、一目瞭然。

時間経過とともに、衣類も少なくなってくるので、大人BOXに子どもBOXを重ねたり、INしたり。

次第に、家族4人分が、衣類収納ケースに全部納まり、省スペースになっても俯瞰できます。

 

今回のキャンプサイトはこんな感じ。


目の前が海〜、という、息子にはウハウハの好立地です。

丸一日海で過ごし、海から上がれば、温泉巡りを楽しみます。

そんなお風呂準備も、朝のお着替えと共に、男女別のお風呂バッグに、必要な衣類とタオル、アメニティが入ったお風呂ポーチをピックアップして放り込めば、忘れ物なしのお風呂セットの出来上がり。

 

全員の準備に5分もかかりません。

 

初日はごく近くの温泉、翌日は車で10分ほど移動した温泉地へ、そして3日目は、少しばかり足を伸ばし、道後温泉へ。

観光気分を味わえました。

 

クローゼットとしての衣空間は車内ですが、必要に応じて持ち込みたいものは、テント内へ持ち込むことも。

テント内がごちゃごちゃしないよう、一箇所にまとめます。

このBOXがあるだけで、テント内の探し物時間が大幅にカットできます。

 

快適なクローゼット〜キャンプ編〜はこんな感じでしょうか。

 

 

大充実のキャンプ。最後まで満喫するには、出発前の段取りもカギ。

帰路につく時には、出発からまるで数ヶ月でも経っているような錯覚に陥りました。

わたしだけではなく、家族全員、同じ発言。驚

 

帰ってからも楽しさが持続できるよう、お出かけから帰宅の自分をおもてなしするつもりで、出発日は日常のルーチンを済ませ、おうちはリセットしてから出かけています。

 

(お気に入りのキャンプチェアを、リビングチェアとして試し中のこともあって、キャンプ時はリビングからチェアがなくなります。笑)

数ヶ月ぶり感覚に帰宅の我が家も、帰るなり、おうちはいいなぁー、キャンプ楽しかったなぁー、なんて言いながら、楽しいお茶タイムに花を咲かせられました。

そして、キャンプ前の溜まっている洗濯物もなく、すぐにキャンプ衣類の洗濯に取り掛かれる仕組みになっています。

 

家でも出先でも、クローゼットが快適だと、快適指数は上昇しますよ。

ご参考になれば幸いです。

 

はじめの第一歩は、理想の生活を思い描くことから始まる✨

次回をお楽しみにしていただけると嬉しいです♡

毎週月曜日 朝7時 更新予定です✨

お読みいただきありがとうございました😊

お問い合わせはコチラまで📮